水道業者との付き合い

最近は、水回りのトラブルが随分と減ってきたこともあり、水道業者との付き合いがなくなってきました。もっとも、ハウスメーカーや工務店で家を建てた際は、そこで水回りを含めた家の営繕関係は対処してくれるので問題はありません。とはいえ、このような業者との接点はトラブル自体が起きにくくなっていることから、かなり減少していることは確かです。そのため、いざ何か起きた際の連絡先が分からず、右往左往することになってしまうのです。

かかりつけのお医者さんの存在が重要であるのと同様に、水道業者等の水回りの営繕をしてくれる業者との付き合いも大切なのです。もっとも、定期的に何か工事を繰り返す必要はなく、ちょっとした修理が必要になった際に決まった業者に依頼するようにすればいいのです。特に、水道屋さんのように緊急時の出動が必要な業者は、夜間の連絡先を得意先に教えているケースが少なくありません。

また、決まった業者に依頼するようにしていれば、自分の家の水回りがどうなっているか知っていますから、いざという時の対処も早いです。水回りのトラブルは、普段全く意識していないことから、何かあった際は大変なことになることが多いです。頼りになる業者を決めておくことで、緊急時の対応が随分と違ってきます。

緊急時の工事業者

水道に限らず、水回りの不具合は時間を選びません。不具合の程度や時間帯によって対応も変わってきますが、夜中に大規模な水漏れが起きた際は緊急を要します。水道の元栓を閉めればいいのですが、このような時は気が動転していますし、水道の元栓自体がどこにあるか知らないというケースも多いでしょう。このような場合、街の水道屋さんが対応してくれればいいのですが、時間帯によっては応答がないこともあります。

最近は、このような緊急時に時間を問わず対応してくれる水道業者が、テレビCM等で宣伝をしています。時間帯によっては、かなり金額が高くなるのは難点ですが、緊急時には頼りになります。このような業者はCMだけではなく、ポストに冷蔵庫などに張り付けることができるマグネットのステッカーを配布しています。何かあったら連絡してくださいということでしょう。

全国に提携している水道屋さんがありますから、ステッカー等が配布されている地域であれば、対処してもらえるはずです。もちろん、工事の時間帯が昼間であれば割増料金等はかかりません。水道の不具合は、配管等が老朽化してくることなどが原因で起こります。自分の家が築30年とか40年とかの古い家の場合は、何か起きた時のためにこのような水道屋さんをあらかじめ探しておくと安心です。

参考HP〔トイレのつまり!水道業者がオススメする便器のトラブル解消方法
トイレやキッチンなど水回りのトラブルに24時間対応している業者です。